TOP活動団体をみる活動団体詳細

活動団体詳細

まちの生ごみ活かし隊

団体種別: 地域・環境     対象者: 指定なし     活動エリア: 高幡・百草    

まちの生ごみ活かし隊写真1 まちの生ごみ活かし隊写真2
主な活動場所 日野市新井せせらぎ農園
活動時間 火曜10時~13時 木曜10時~16時
(日曜は各種行事や休みもあり要確認)
所属人数(男女比) 年間約4,000名の農作業ボランティア・見学者が来園。多世代の老若男女が参加
会費/入会金 会員制では無く、特にありません。
参加方法 上記時間帯にご自由にいらして下さい。
関連リンク

メッセージ
作業の後は、収穫した野菜を分かち合い。
エコな地域の庭づくり、共に楽しみましょう!
まち記者View
「短時間でも構いませんので、農園に足を運んでみませんか」

会費も会則も当番もなし。火曜と木曜の定例作業には、自主性と自己責任のもと、誰でも好きな時間に参加できます。 バイタリティあふれる代表の佐藤さん、農作業に詳しい林さん、ハーブに詳しい加藤さん等、性別も世代も越えて多彩な人々が集っています。

取材当日は、せせらぎ農園のような活動をしたいと、他の市から見学に来られている方もいて、注目度の高さを感じました。
他団体との活動
・生ごみ回収サポートを「東京都七生福祉園」、竹パウダーの袋詰め作業を「社会福 祉法人すずかけの家」、米ぬかボカシの製造を
「NPO法人やまぼうし」と連携して 行っています。
・近隣の児童館・保育園・幼稚園などを農園に受け入れて、農作業体験や環境教育活 動を行なっています。
・市内の幼稚園や小学校などに、生ごみを使った野菜作りのサポートに伺っています。
・個人の庭や畑に生ごみを希望する方には、回収した生ごみを軽トラックで配布する プロジェクトも行っています。(生ごみは牛ふん堆肥以上の肥料効果があります)
・2004年に、一般家庭の生ごみを回収し、近くの牧場で堆肥を作り販売する試みを、 「ひの・まちの生ごみを考える会」「日野市ごみゼロ推進課」「NPO法人やまぼう し」と協働で開始したのが、せせらぎ農園の元々のきっかけです。
活動内容

「生ごみは資源です!」

日野市ごみゼロ推進課と協働で、約200世帯の生ごみを火曜と木曜に分けて週1回ダンプカーで回収。畑に直接投入して土ごと発酵、無農薬・無肥料で野菜や花を育てています。
 
ひと汗かいた後は、帰りに収穫した野菜を分け合います。お茶の時間にみんなで話すのも楽しいひと時。

せせらぎ農園は、京王百草園駅から川崎街道を進み、三沢の信号で右折。浅川の近くまで直進すると左手にあります。

(案内図)http://ikasitai.info/access.html


イベント情報一覧

お知らせ一覧


イベント・活動報告一覧

まち記者取材記一覧