TOP活動団体をみる活動団体詳細

活動団体詳細

FFATOKYO

団体種別: 健康・スポーツ     対象者: 初心者歓迎     活動エリア: 市内全域    

FFATOKYO写真1
主な活動場所 日野市(全域)
日野市立カワセミハウス 
(キャスティング講座) (オープンキャスティング講座)浅川ふれあい橋下(旗が目印)
オンライン・タイイング講座
オンライン・ミニスタディ講座
活動時間 (フライ・タイイング講座)オンラインで随時調整します。
(フライ・フィッシング講座)実釣り 調整して行います。
所属人数(男女比) 20名(コーチ 3名) 
会費/入会金 会員年会費 6000円(毎年10月〜11月の更新)
講座参加費用 500円 (消耗品代金)
遊漁料金(釣券代金)は、個人負担
参加方法 メールにて連絡(運営)。
メールアドレス mac2-takahashi@tbz.t-com.ne.jp
その他条件 フライフィッシングを初めたい。やっているが仲間を楽しみたい。タイイングを勉強したい。
会の規則を遵守できるかた。ボランティア活動 社会貢献活動 環境保全活動 青少年育成に興味があり、広めていきたいとお考えの方。浅川を中心に保全活動に興味のある方。
関連リンク

メッセージ
浅川からチャレンジしませんか。浅川から発信するボランティア活動・社会貢献をFFA東京は応援します。
まち記者View
きれいになった浅川に生まれたての、稚魚を放流したいですね。そんな活動をサポートする会です。朝焼け、夕焼けの富士の見える浅川にそんな光景が見えれば、もっときれいになりますよね。
淺川で、オイカワを釣る。1年中、楽しめます。
他団体との活動
各団体が開催されるイベントに、デモンストレーションで(フライタイイング・キャスティング)を紹介できるサポートをします。
また、発眼卵放流という事業を毎年11月初旬の行います。ヤマメの発眼卵を産卵床を渓流に作り、放流します。
活動内容

コロナ禍の中、フライフィッシングを楽しむ皆さんが増えています。自然とともに渓流に行き、ヤマメ、イワナなどの魚や水生昆虫の観察などと、ディキャンプ・キャンピングを合わせて自然に溶け込んで、楽しめるスポーツフィッシングです。
いままで、チャレンジしたが、よくわからないをわかるまでお手伝いします。

コロナ禍の中でもフライフィッシングは、きちんとソーシャルディタンスを守り釣りができます。
自己完結のフライフィッシングは安全・安心のスポーツです。(魚を釣る)
講座の開催は、セミナー形式でコーチ・サブコーチが指導を行います。コロナ禍での活動は全てアウトドアです。始めるのはいつからでもできます。

タイイング講座(フライという疑似餌を釣り針で作る方法)
タイイングは全てオンライン(LINEビデオ通話)で開催を行います。一人から可能。
*詳しくはご相談ください。
フライフィッシングに関する講座(ミニスタディ)オンライン講座 開催日 通知(メンバーSNS)

一度、覚えていましうと生涯の趣味になります。5メートルを投げられれば
渓流で、ヤマメ、イワナ(魚がいる所)で釣りができます。自然の里川などで
渓流を歩きながら、釣ができ自然の風景を眺めながら楽しめます。
いま人気のアウトドアでキャンピングの走りのスポーツ(遊びです)


イベント情報一覧

お知らせ一覧


イベント・活動報告一覧

まち記者取材記一覧