TOPまち記者取材記まち記者取材記詳細

まち記者取材記 詳細

宮自治会は子供神輿を再興

記者名:福山
【添付資料】

>> ここをクリック

掲載日 2018年09月17日
イベント種別: 自治会・老人会   活動エリア: 日野・万願寺   対象者: 指定なし
【まち記者取材記】

9月15日(日)宮地域にある別府神社の祭礼が催されました。これを機に宮自治会(松野会長)は,同社睦会のご協力を得て子供神輿を再興しました。

予てからの少子高齢化が自治会活動に影響したのか,子供会が無くなって子供神輿も数年前から中止されていたそうです。しかし,これには過日の組長会議で「担ぎ手が集まるか?」,「良い体験として思い出なるもの,是非とも」などの賛否両論があるなか,参加希望者を調査して踏み切られました。

30名程の子供達が法被,9時前に別府神社をスタート,日野郵便局の裏から日野バイパス出て東方向へ,新川崎街道との交差点を北に向かい,出発点へ戻ると言うコース。大して長距離ではないと思えるかも知りませんが,小さな子には担ぎ棒にぶら下がり,大きな子には肩へ食い込むので容易ではありません。しばらく進むと神輿が傾き始めるので,御鼻棒を持つ加納さんも,所々で「傾いてるぞー!」の声掛けなどで大変そうでした。ですから,途中に3回の休憩場所が用意されております。飲み物とお菓子なども頂いて充電し,「さあ出発」,「元気出してワッショイ!」と。こうして10時半頃に別府神社へ戻りました。

最後に,加納さんからの「楽しかった人,手を上げてー」の声にみんなが「ハーイ!」,「来年も神輿を担ぎたい人―!」には挙手と声が一層力強く,来年の催行にも期待が持てました。子供たちは,「ご苦労さん」のお菓子や飲み物を手に父兄と共に散会。
お世話頂いた別府神社睦会,飲み物その他の拠出や休憩所のご提供宅,自治会役員の方々には大変ご苦労様でした。

なお。本取材は,事前の児童と父兄が一堂に会する会長挨拶の時に「『Hi-Know』に記事を作って掲載するので写真を撮る」旨で了承を得てから始めました。