TOPまち記者取材記まち記者取材記詳細

まち記者取材記 詳細

はるながまち『シェイクスピアホール』にやってきたの体験劇が日野市にやって来る!

記者名:石原
掲載日 2018年10月14日
イベント種別: 講演・講習会・交流   活動エリア: 高幡・百草   対象者: 指定なし
【まち記者取材記】

『井上 晴菜』養護学校を小学校5年で自主退学。
地域で生活をしていくための練習を『ライフステーションワンステップかたつむり』で積んで
18歳のときに自立生活をスタート!
現在27歳の晴菜さんとかたつむりの仲間たちが繰り広げるの笑いと涙とダンスありの
体験劇を8月に多摩市で観てきました。元気もりもりに舞台狭しと明るい笑顔を振りまきます。
そんな晴菜さんの劇が日野市にやって来る!
晴菜さんは国立市障がい者計画策定委員としても活躍中。
『ライフステーションワンステップかたつむり』
重度脳性マヒの為、元府中療育センターで生活を送っていた三井 絹子さんが設立。
施設を出て街で暮らす道を選択し、現在は共生生活づくりのパイオニアで、大勢の地域自立生活をサポートされています。
ご自身はボランティアに来ていた現在のご主人の間にお子さんをもうけ、
お孫さんにもに囲まれた暮らしをされています。

講演日:H30年11月11日(日)
時間 :開場 13時半~ 開演 14時~16時
場所 ;明星大学シェイクスピアホール(日野市程久保2-1-1)
定員 :先着200名
入場料:無料
申し込み先:日野市発達教育支援センター エール 042-589-8877
             e-mail:hattatsu@city.hino.lg.jp
主催 :日野市発達教育・支援センター エール
協力 :明星大学 METHASHIの会