TOPまち記者取材記まち記者取材記詳細

まち記者取材記 詳細

台風19号の爪痕(日野橋)

記者名:とらじい
掲載日 2019年10月17日
イベント種別: その他   活動エリア: 高幡・百草   対象者: 指定なし
【まち記者取材記】

日野橋が被害を受けたと聞き、取材してきました。

生活保健センターまでバスで行き、そこから徒歩で川沿いへ。橋の手前では、警備の人がロープを張って来た車や人を左右に(上流・下流)誘導していました。

すでに川の水かさは減っていましたが流れはきつく、中州には上流から流れ着いた流木(といっても根こそぎなぎ倒された大木)が取り残され、巨大オブジェのようでした。

1926年(大正15年)8月25日に建設された日野橋は、それまで多摩川の渡しとして使われていた渡し舟にとってかわり、以来、国道20号甲州街道の立川と日野を結ぶ日野橋として、多摩地区への玄関口として交通の要所となっています。

”まさか日野橋がね~”と通りがかった人も感慨深げでした。

濁流の勢いで橋を支えている橋脚の基礎がゆるみ、支えきれずに橋が曲がってしまっています。
すでに交通は禁止。ここを通る立川~日野間のバス路線も運休、橋の復元には相当時間がかかりそうです。

とらじい